代表ご挨拶

私たちのカラダは食べたもので、できています。

今日食べているものが、
確実に未来の自分につながっています。

食べることは自分を大切にすることであり、
家族や社会、自然、次世代を守ることにも
繋がると思います。

今迄、たくさんの方々の食事指導をさせていただき、「食で人生が変わる」
そんな感動を共有してきました。

ひとりでも多くの方に、
食の持つパワーをお伝えできればと、
“食を通して健康的に豊かに生きるためのきっかけ”の
お手伝いができればと願っております。

皆様と一緒に学び、実践できる協会として
活動を続けたいと思いますので、
ご支援賜りたく存じます。


食から健康に協会 代表 麻生れいみ

プロフィール

管理栄養士・低糖質(ローカーボ)料理研究家・機能性食品研究家・機能性料理研究家・高齢者栄養研究家・ケトン体質ダイエットコーチ・ハイブリッドアスリートフードコーチ・日本栄養士会、日本病態栄養学会、日本抗加齢医学会会員、食育栄養インストラクター・「食から健康に協会」代表。

大手出版会社の編集・ライターを経て、服部栄養専門学校栄養士科卒業。「夏は冷しゃぶ、冬は鍋」の食事で、
健康的に20kg減量に成功。当時、流行していたダイエット法と違っていたため、疑問を抱き栄養学を学ぶ。

企業の特定保健指導・栄養相談を務める傍ら、病院の臨床研究において栄養療法を監修。
医療と予防医学、栄養学を深く結びつける役割を担うべく、料理研究を行う。
ダイエット指導においては、自らもやせた経験を基に、これまで約6000人以上に指導。
その他、飲食店メニュー開発、調理指導、フードコーディネート、講演等、活動は多岐にわたる。
著書に『作りおきでやせぐせがつく糖質オフバイブル』(主婦の友社)、『20kgやせた!レンチンおかず』(宝島社)、『麻生れいみ式ロカボダイエット』(ワニブックス)、『脂肪と疲労をためるジェットコースター血糖の恐怖』(講談社)、『免疫栄養ケトン食でがんに勝つレシピ』(光文社)など。